新卒の就職活動シーズンということで葬儀業界希望者のマイナビリクナビ(就職ポータルサイト)の見方について、語っていきます。

その前に・・・
平成28年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(2月1日現在):文部科学省
どうも大手企業は採用枠を広げているみたいで売り手市場ですね。
こうなってくると葬儀業界の採用はキツい。
不景気なときなら採れていた人材が、大手企業に行ってしまうわけですよ。
葬儀業界は大企業が少ないというのもありますが、葬祭業新卒マーケットって真空状態になってしまうんですね。

それでも女性はまだいい。結婚、出産というステージがあるからだと思うのですが、ちゃんと調べて考えて、名より実ということで葬儀業界を選んでくれる。だから年度ごとの質のブレが少ない。

問題は男性。そんなにみんなの知っている会社に行きたいかね。人気就職先ランキングのアンケートでANAとか三井物産とか答えている奴ってどうなんだろう?

大学進学率が50%前後なら、大卒と言うだけでは価値が無い。
私は採用の際、大東亜帝国を推薦で入りましたっていうレベルは、学歴を評価要素から外しています。そこから下のレベルは採用後の評価と大学の偏差値はリンクしないので、高卒と同じ土俵に並べるということです。ホスピタリティマインドがあって利発そうな高卒がいたらそっちを評価します。
就職

さて本題。

リクナビ・マイナビの葬儀社ページに掲載されている月平均所定外労働時間は多分嘘です。
おまえんとこそんなわけないだろ、というのがいっぱいあります。
有給消化率は本当です。どこも低いでしょ(^^;)
休日の表記は実質出社になるところも多いので鵜呑みにはできません。
最初からメチャクチャ少なくても(たとえばここみたいに年間73日とか)さらに下回る場合もあります。

入社時の基本給の多寡は企業比較してもしょうがないです。手当や残業代(どこまで残業つけていいか、という暗黙の了解も含む)によってだいぶ変わってしまうからです。
 入社してからの生産性と給料をちゃんとリンクさせている会社は
1〜3年目は育成期なので低め→4〜10年目までは右肩上がり→そこからは一定→その後キャリアアップで どう変わるか、という感じになっています。このあたりはマイナビ・リクナビでは分からないでしょう。
とはいえ会社説明会では聞きづらいですよね。聞ける範囲で重要なポイントは3年後の新卒の「生存率」ですね。7割下回っていたら危険信号です。

実はこのようにマイナビ・リクナビに掲載されている条件だけで、葬儀社の良し悪しを見抜くというのは難しいです。実際働きたいエリアでフィルタリングする学生さんが多いでしょうし、新卒を採っている葬儀屋さんは数が知れてますから、実際は全部の会社説明会回って判断した方が良いでしょう。
(詳しくはこの一連の記事をどうぞ→ 葬儀業界就職希望者向けの内容 : 考える葬儀屋さんのブログ )


<2017年04月13日>記載