島田裕巳氏のツィートを皮切りに葬儀演出に関する批判記事をみかけたので
今回はこの件をとりあげてみたい。
まぁ島田先生の日頃の発言も宗教学者としては常軌を逸してると思うんですけど。
もちろん、島田先生は要らない、とは思いませんが(^^;)

さてまずはこの記事
 
葬儀社のスタッフから「(遺体に)声をかけてあげてください」と言われたのだ。
これは同感。「感謝の言葉をかけてあげてください」と葬儀屋が言っているのを聞くと内心
うるせぇ、自分の勝手だろ、と思う。
(参考記事:棺のふたを閉めるとき
 その気がなくても、故人と「最後の対面」をしてしまうこともある。
ちゃんとした葬儀屋さんは、遺族に一般参列者が面会していいかどうかの確認をする。
一般参列者に声をかける際も「ご希望の方は〜」と一言添える。
hato

次はこの記事

最近鵜飼氏と島田氏が登場するだけで眉唾感が増すのだけれど(^^;)
「家族や親戚以外の人もいる葬儀で、『最後のお別れです。ご遺体に触れてください』と演出されると驚いてしまいますよね」
そもそも一般参列者の前で湯灌なんかやるのだろうか。
悪魔の証明になるので絶対ないとは言えないが、かなりのレアケースだと思う。
その結果、葬祭業者は、直葬を選ばなかった遺族の葬式で利益を確保しようと、様々な演出を積み上げるようになったという。「オプションを積む方向へ舵を切ったのです。こうして妙な演出を切り売りするようになったことが、参列者にとって違和感を覚える葬式になった原因でしょう」
これは違う。

葬儀のサービスで追加のお金をもらうのは、実は難しい。
日本人はモノにならお金を出すが、サービス、特に演出という余計なサービスにはお金を出さない。
だから葬儀屋は水車を置くとか、わけの分からんモノを投入していた。
妙な演出と言えば、以前やっていた(らしい)鳩を飛ばすというのは一見演出っぽいが、鳩という(生き)モノを使っているというロジックで半ば強引に追加費用を発生させていた。
このように現実には、妙な演出は作業量を増やすだけで売上げには結びつかない。
だから経営者はいやがって推奨はしない。

目に付くようになってきたのはおそらく
葬儀屋労働人口の増加に伴い、
リアルな身内の葬式を経験した事はないくせに他人の葬式で感動したがる薄っぺらい勘違い感動葬儀屋が少し増えたせいではないかと思う。キツい言い方だけど。
そんな葬儀屋のマスタベーションにみんなつきあわされている状態。
(参考記事:「感動葬儀」はいらない

ただしそんな妙な演出をやっている葬儀屋は本当に一部。
そんな特殊な葬儀屋を捕まえて、さも全体がそうであるかのように島田氏が的外れな文句を言っている
というのがこの騒動の構造。


<2017年05月25日>記載