この映画がアマゾンプライムで無料になっていたので久しぶりに観ました。
あらすじは
希望を胸に抱いて社会に飛び出したジョージタウン大学同級生の7人。(中略)皆それぞれに自分の進むべき道を模索していた。ある日、友人の交通事故をきっかけに仲間7人が集結する・・・。
もう30年以上も前の映画です。
若い頃初めて見たときは、さすがにこれはねぇな、と思いました。
なんでこの7人のグループ内だけでくっついたり離れたりを繰り返すのか。
挙げ句、寝た男2人に向かってずっと友達でって・・・おい。

さてなんで今回この映画をとりあげたのかといいますと、
若き日のデミ・ムーア演じる、誰とでも寝ていつもドラッグに溺れている破綻した女の子が
葬儀のことだけはずっと気にしているから。
前回観たときは全く気にならなかったのですが。
継母の葬儀

火葬も土葬も

猫のお葬式
アメリカ人はこんな娘だって葬儀の準備をするのに、日本のおっさんどもときたら・・・
(参考記事:インテリ文学系のおっさんはなぜ「葬式なんてどうでもいい」と言うのか

余談ですがこの7人のメンバーの一人のアリー・シーディ
という映画に不思議ちゃんの役で出ています。
さえない女の子がメイクをしたらまぁキレイに、という役回りです。
でも私の眼から観ると最初からヒロインよりキレイだったのに、
メイクをしたとたんストリートガールみたいな顔になってしまって・・・

ノックは無用か!(関西圏にしか伝わらないネタですいません)

これにはアメリカ人の好むメイクにカルチャーギャップを感じました。
アメリカに留学してエンバーマーの資格を取った日本人は大変だったのではないだろうか。
おまえの化粧は薄いとか言われて。


<2017年06月15日>記載