私の著書
「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」
が扶桑社さんから間もなく発売されます。
この本はブログをそのまま書籍化したのではなく
約7割を新たに書き下ろしています。
残りの3割もブログ記事を元にいろいろ書き直しています。
多くが未読の文章のためこのブログの常連の読者の方でも、
充分楽しめると思います。

内容は20年間に渡る実務で蓄積された知識と知恵と
とり行ってきた葬儀セミナーの内容が中心になっています。
セミナーの内容は参加いただいた聴衆の方からのアンケートを元に
毎回フィードバックして磨き上げたものです。

読者の方にとってきっと「役に立つ」内容であると自負しています。
本当は全部でこの1.5倍の分量の文章を書いたのですが、
紙面の関係上泣く泣く選び抜いた文章を残しました。
子供に迷惑をかけないお葬式の教科書
私はこれまでずっと葬儀の実用書で大事なのは
葬儀屋さんの選び方
であるとブログの書評で言い続けてきました。

これまでの葬儀の実用書は病気の人に対して
「家庭の医学(病気を解説した百科事典) 」を渡している状態でした。
しかし病気の人が本当に必要としているのは名医の探し方です。
全く専門知識がなくても、信頼できる名医が一人いれば万事うまくいくでしょう。
負担や手間も最小限で済みます。

葬儀も同じです。

故人の枕元に飾る仏具の配置のルールだとか喪主の焼香の作法をどれだけ書き連ねたところで
葬儀未経験の読者を惑わせて不安にさせるだけです。
それよりも先に、
葬儀のプロである良い葬儀屋さんの選び方を教えて!
ということなのです。

これまでちゃんと「葬儀屋さんの選び方」に向き合った実用書はありませんでした。
感じが良いだとか、敬語が使えるだとか、その程度の葬儀屋さんの選び方は
わざわざ本を買い求めて頂いて開示する知識ではありません。

この「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」には
必要かつ十分な知識が載っています。
もしこの本より役に立つお葬式の実用書があるのなら教えてほしい、
と思うくらいの自信作に仕上がっています。


<2017年06月24日>記載