今回はこの書籍の間違いを指摘してしておきます。

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」河合雅司
副題の通り、少子高齢化がさらに進む日本の将来を予想しています。

第一部2039年の下記の箇所
深刻な火葬場不足に陥る

死亡者数の増大で懸念されることといえば、斎場や火葬場の不足だが、とりわけ逼迫しそうな地域が、高齢化が急速に進むとみられる東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)である。  実はすでに、場所や時間帯によっては1週間や10日間程度待たされるケースは当たり前となっている。
この現状に関する記述は間違いです。
どこにも「1週間や10日間程度待たされるケースは当たり前」の根拠となるデータが掲載されていません。
おそらく著者の河合雅司氏は鵜飼秀徳氏の著作「無葬社会」を読んで筆を滑らせたのではないでしょうか。

下記の火葬場稼働率に関するデータを確認してみてください。
首都圏の火葬場調査データ
たとえば23区内のほとんどの火葬場の稼働率は50%前後です。
「10日待ちが当たり前」になるはずがありません。

「火葬場1週間から10日待ち」は鵜飼氏が流しているデマです。
信じてはいけません。
(参考記事 「無葬社会」鵜飼秀徳氏が流すデマを批判する
       そろそろ鵜飼秀徳氏ネタは終わりたいのですが  )

もちろん将来において火葬炉の増設は必須の課題です。
だからといって事実に反することを書いて、いたずらに消費者不安を煽るべきではありません。
(実際遺族の中にも信じている方がけっこういらっしゃいます。)
増刷の際、訂正されることをおすすめします。
炎
  
さて今回「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」の誤りを指摘いたしましたが、その他の箇所は日本の将来について警鐘を鳴らしている良書であることをお断りしておきます。
是非一読をお勧めします。


<2017年07月30日>記載