今回ご紹介するのはこの本。

神さまがくれた漢字たち

本の内容

表意文字である漢字はそのそもそもその姿を写し取り簡略化されたもの、
という認識はお持ちだと思います。
例えば「川」は水の流れを書き写しているというように。
この本では古代の甲骨文字の記録を分析して、
その漢字が表しているルーツをたどっています。

白川静氏が監修ということになっていますが
実態は前書きを書いているのみです。
基本的に子供向けの本なのですが、白川静氏のネームバリューは子供に通用しないと思うので
(白川静っていいよねぇ、と言う小学生は恐らくいないかと)
先生や親に向けたアピールなのでしょう。
骨2

「死」の起源

さてこの本の中に
「死」「葬」「亡」「柩」という文字に触れた箇所があります。
「死」それ自体は、形で示されることのないため、「死」の事実を実態とし
て文字に表すことができません。
確かに。死そのものは概念であって目に見えるモノではありません。
それで、「死」の字は、死者の姿ではなく、
代わって、生きている者の死者への対応のありかたを示す字となります。
「死」の左部に記されるのは、「歹 (がつへん)」、残骨を象ります。その右部
には、膝をつき、死者を弔う人の形が配されます。それを草原のなかで行う
のが「葬」です。
なお、身体をとどめる死者の形を写す字は「亡」であり、また「久」です。
「亡」は足を曲げた死者、「久」はうしろより木で支えられている死者をそれ
ぞれ象る字です。この「久」を棺に入れ、野辺に送ることを示す字が「柩」、
すなわち「ひつぎ」にほかなりません。
この葬礼ののち、おそらく死体は、その野で徐々に腐朽し、そして風化さ
れ、やがて骨のみをとどめるものとなります。「死」の字は、そのかろうじ
て残された骨にたいしてひざまずく人の姿を表した字です。そのことからも、
一どめは肉体的な生命を失ったばかりの死者にたいして、二どめはそれより
かなりの月日を経て、風化されたのちの死者にたいして、あわせて二どの葬
礼が行われたであろうことが推測されるのです。これを複葬と称しますが、
「死」「葬」の字がいずれも、その二どめの葬礼を示すことは明らかです。

「死」が風葬の結果できた遺骨に手を合わせている人の姿を表しているという解釈は興味深いです。
亡くなってから弔う人がいてはじめて「死」が成立するということですから。
弔う人のいない死は単なる「消」であるということでしょうか。

白川静氏の解釈には異論もあるようですが、私はこの箇所に関しては白川氏を支持したいです。


<2017年09月23日>記載