葬儀屋さんの夏フェスことエンディング産業展の模様がNHKで扱われていたので
思ったことをつらつらと。

小さなプレートについたQRコードをスマートフォンで読み取ると、亡くなった人の思い出の写真や経歴などが表示される仕掛け
過去何度か申し上げていますが、やりたいことがあってそれをITで実現するならいいのです。
しかし先にITありきでそれをなんとか葬祭業で使ってみようという発想は必ず失敗します。
このサービスも 、わざわざ墓に行くという「コト」体験によって付加価値をつけているように見えますが 、そもそも自宅で見れるものなのですから、それは特別感ではなくわざわざ面倒くさくしているだけです。
この業界は“隠れた成長産業”とも言われています。
そうですか、私は”おおっぴらに衰退産業”だと思っていますが。

「ロボット導師」と名付けられたこのロボットは、本業がプラスティック加工業の神奈川県のメーカーが出展したものでした。
ロボット導師をこれまで特にとりあげてこなかったのは、どうせ定着しないし、作ったほうもマスコミ対策と考えているはずだから。
若い社員には『もっとまじめに考えろ』と言うのだが、彼らは極めて真剣にロボット導師などのアイデアを提案してくる。社員の自由な発想を尊重し、異業種参入ならではの一般の人の目線に立った新しいサービスを展開していきたい」と意気込んでいました。
字面を読むとプロジェクトX的なのですが
要はユーザー経験全く無いけど、社命なので作ってみた、ってことですね。
通常異業種参入が成功するのは、既存企業が気づかないユーザーの要望を持っている場合。
富士フイルムが化粧品に参入したときには開発スタッフに女性が必ずいたはず。
このチームには「お葬式にお金を使ったことのある人」はいるの?
いたら
全てじぶんで葬儀プラン | 自分で行える葬儀・お葬式の【じぶんで葬儀】
↑これは怖くてできないはず。

とはいえ今回葬儀関係者が集まる場でロボット導師を展示した蛮勇には拍手を送りたいです。
バカって素敵。
シドビシャスが好きな私はそう思います。
畳を縫う機械メーカーは、「死ぬときは畳の上でという声にこたえるとともに、畳の新たな販路を拡大したい」と“棺に敷く畳”を提案していました。
「畳の上で死にたい」ってそういう意味じゃないだろ!



<2017年08月26日>記載