今回紹介するのはこの本
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
この本を読んだ多くの人が考えるのはおそらく
日本の将来はどうなるのか と
そんな将来に向けて自分はどう生きるのか
でしょう。

しかしなんでこの本が「日本」で売れたのでしょうか。
確かに日本はかつてないほどの高齢化社会に突入しています。
高齢化社会のテストケースとなるべき世界のお手本とならざるをえない国であり
この本の中でも日本のことは何度か言及されています。
しかしこの本で述べられていることが日本で適用できるとはとても思えないのです。
現在の日本の労働市場では転職のリミットは事実上35才で、再雇用を受け入れたとて65才が定年なのですから。
孤独死
そしておそらく日本人は変わらざるを得ない限界に達しても、
変わらないで終焉をおとなしく受入れてしまうと思うのです。

私たちが適切な準備や行動をしないのは、それがもたらす結果を恐れるからではなく、未来について愚かなほど楽観的な考えをもっているからなのだ

おそらく現在の年金制度は
このままいくと理論上2030年には積立金が無くなり崩壊してしまいます。
それは自明のことなのに制度改革は行われません。
人口ピラミッドの最多数派の高齢者は
社会保障制度改革派の政治家に投票することはないでしょう。
いくらなんでも国債発行しすぎだろうとマーケットが判断した段階で円が暴落して、経済はメチャクチャになります。

そのころには
施設に収容できない痴呆老人が町中を徘徊し
病床不足と貧困で治療が受けられなかった一人ぐらしの老人の腐乱死体が、アパートの一室で次から次へと見つかっているはずです。

ちなみに現代の日本では
終焉をどれだけ先延ばしにできるか、という悲惨な未来しか浮かんできません。
さらに悪いこと?には、この本によると

2007年にアメリカやカナダ、イタリア、フランスで生まれた子どもの50%は、少なくとも104歳まで生きる見通しだ。日本の子どもにいたっては、なんと107歳まで生きる確率が50%ある。

どうやら我々(1970年以降誕生)の世代はこのままでは「100才まで生きてしまう」らしいのです。
確かに医療技術の発展を考えると、言われてみれば当然のことです。
現在の年金制度が大盤振る舞いになっているのは
男性の平均寿命が65才位だった1960年頃に設計されたから。
今や男性の平均寿命が80才になったのに相変わらず国民年金は65才から支給しているのだから
どう考えても無理があるのです。

というわけで
日本の未来に提言などという大それたことは私にはできません。

しかし悲観しているヒマはない。

あなたが何歳だろうと、いますぐ新しい行動に踏み出し、長寿化時代への適応を始める必要がある。
らしいので。

となると話はかなり矮小化してしまいますがこれからは
日本の将来を語ることはあきらめて、
これから私自身がSURVIVEのためになにをするか、しているかという話をさせてください。

次回につづきます。


<2017年10月24日>記載