ベストセラー「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」を読んで
自分の将来をシリーズで考えています。

今回は最後、
C自分の資産に働いてもらう・・・投資する
という話です。

投資を始めてから15年ほどになります。
資産は50%のリターンを生んでいるので
「今」のところ順調です。

さて、以下の話は投資初心者には難しいかも。
投資って自分で勉強して納得してからでないとやってはいけないと思うので
興味のある人は調べてみてください
(一応過去に書いた投資に関する参考記事を紹介しておきます。
葬儀屋さんの資産運用 1/2
 )
稼ぐ

私の場合はずっとインデックス投資なのでやることは簡単。
(↑詳しくはこちらの本を参考にしてください)

やり方は投資タイミングを分散させるために
(これはファイナンス理論的に言うとあまり意味がないらしいのですが、チキンハートの自分にアクションを起こさせるための方便として)
休日毎に世界株式指数に連動したETFを定額で愚直に買い続ける、というだけのもの。
それからたまに個人国債を買ってポートフォリオを調整するくらいでしょうか。
数年前からNISAが始まっているので、株式はNISAの枠を使っています。

多分、投資をやったことのない人は、そんなに簡単な方法でリターンを得られるの?とお思いでしょう。
実はこの方法を続けることは、大きく揺れる株式相場において、想像以上に難しいのです。
たとえばリーマンショックのときは一年で年収分の資産が吹っ飛びました。
そんなときでも愚直にインデックス投資を信じて続けてきました。
どんだけ損しようが儲かろうが、自分のやり方を信じて続けてきたから今があるのです。

そして最近思うことが一つ。
昔から残りの人生を逆算して、高齢になったらリスク資産を減らせ(株式比率を下げて国債比率を上げろ)と言われてきました。
でも人生100年時代になると、その切替のタイミングもチキンゲーム的にちょっと延長しなければならなくなるのかなと。

それから
ここ数年、老後の生活費としての資産運用は順調と思っていたのですが
よくよく考えてみると、現金化しようとして売却すると2割税金がかかるという当たり前のことに最近気づきました。

うわっ、どうしよう、目標額に全然足りない
と焦りはじめているという・・・
いくらバイアンドホールドオンリーでやってきたからとはいえ、我ながら頭悪すぎだなと。

やっぱり投資だけでは逃げ切れそうにないですね。

というわけで今後も私の人生の試行錯誤は続きそうです。


<2017年10月24日>記載