前回
「ほっと電報」に申し込むときは絶対に高いのを選んではいけない理由
という記事を書きました。
弔電画像

ソフトバンク系列の電報会社が運営するほっと電報は、
なぜサイト内の記事で高価な台紙の電報を選ぶなという自分達に不利なことを主張している
のでしょうか?

それは私が過去にブログで書いた弔電の記事を、ほっと電報がパクっているからです。
(奇跡的な偶然と言うこともあるので、「可能性」ということにしときましょうか)

↓これが過去に私が書いた弔電に関するブログ記事です。
弔電の安くて効果的な送り方を葬儀屋さんが教えます

前回の記事で紹介した台紙は安いのでいいと主張する「ほっと電報」の複数の記事には共通した特徴があります。
それは多少構成が変わっても、「弔電の文章は定型文に故人との思い出を加えると良い」というアドバイスを必ず入れていることです。

そしてそれらは私が書いた弔電の記事の内容に酷似しています。

参列した場合でも、ゆっくり話せないから弔電を送ることを勧めているところも似ています。

弔電を利用するケースと送るタイミングについて|電報なら【ほっと電報】
↑この記事に至っては、故人が飲みに連れて行ってくれた、という例文のシチュエーションまで私の記事と一緒です。
(2017年12月7日追記:ほっと電報は盗作を指摘した文章を全て削除しました)

実はほっと電報の「他の」記事では、台紙はいいものを選べとか
文章は定型文を使えと言っているのです。
しかしここで取り上げている、私の記事と内容が酷似しているこの数本の記事に限り
他の記事と真逆のことを言っているのです。

不自然です。

Googleにインデックスされた(ネット上にアップされた)時期を調べる方法があるのですが
私が弔電の記事を書いたのは2012年
ほっと電報のこれらの記事がネット上にアップされたのは2015年の秋頃のようです。

また私が記事を書くときはオリジナルな主張をしたいので
同じ事を言っている人がいないか事前に検索して調べるのですが
弔電に関して同様のことを言っている記事は当時なかったと記憶します。
(安い台紙を選ぶということと、定形文に思い出を入れるというアドバイスは自分でもよくできていると思っていたので良く覚えています。)

ネットビジネスをしている方ならほっと電報の記事がインデックスされたのが2015年の秋ということでピンとくるはずです。
かつてパクリで問題になったWELQなどのキュレーションメディアが活動し始めたのがそのころです。
たくさんのバイトをライターとして雇って、他のサイトの文章をちょっといじって自分のサイトに掲載していたのが問題化したという、あれです。

ほっと電報内の文章を何本か読めば分かりますが、冗長な重複する内容の文章を何本も掲載するというユーザーにとって不親切な構成です。
かつてのキュレーションメディアと同じ手口を行った可能性が高いです。
そしてライターのバイトが私の記事をパクって、運営側が無能なので安い台紙で十分という自社に不利な内容になっているにもかかわらずノーチェックでアップしたのでしょう。

最後にダメ押しです。
↓これは私が2011年に書いた「冥福」に関する記事です。
「ご冥福をお祈りします」の意味と正しい使い方
↓そしてこれがほっと電報内の「冥福」に関する記事です。
弔電のメッセージとご冥福の意味|電報なら【ほっと電報】
冥福という言葉の意味を掘り下げてみると、福はそのままの意味でわかります。冥の文字に関しては、目に見えない神仏の働きとか、死後の世界といった意味合いを含みます。御冥福をお祈りいたします、という弔電は、浄土宗やキリスト教のお葬式などでも読み上げられますが、特に問題になることもありません。仏教のお葬式の場合は、弔電の文章に天国の文字が入っていた場合は、読み上げるとき、お坊さんに許可の確認をするケースもあるようです。
↑もうちょっとバレないようにいじっとけよ、と言いたいところですが・・・

私はよく常識と思われていることと異なる主張をすることが多いため、私の記事をパクると目立つ(少なくとも書いた本人にはすぐ分かる)のです。

ちなみに私の弔電の記事は葬儀ブローカーの「小さなお葬式」にも同様にパクられました。
さらに「小さなお葬式」の疑惑
SEO(ネット集客)の知識はあるが、葬儀の知識とモラルのない企業はこういうことを平気でやるのです。

現在ほっと電報の該当ページは全てキャプチャしましたので
こっそり変えることがあればクロ確定とします。


<2017年11月20日>記載