前回(本当に役に立つ葬儀社の選び方(短時間&価格重視編)6/7)からの続きです。

おまけ(本当に私が休日をつぶして調査したってことの証明でもあります・・・)

ダメ葬儀社紹介機関の事例

最後におまけとして、だめな葬儀社紹介機関の事例を挙げておきます。

・サイトに掲載されている電話番号に連絡してもとにかく電話に出ない

・数社はメールを送った場合、自動返信メールが来るが、その後何の反応もない。もちろん自動返信メールメールさえ来ないところがある。

・最悪のケースは紹介機関に電話をしたのに「○○葬祭です」と葬儀社名で名乗ったケースがあった。後で「会社概要」で所在地をしらべると、葬儀社で登録がしてあった。
葬儀社が葬儀紹介機関を運営していたケースは私が確認できた限り、2件ありました。葬儀社が葬儀紹介機関をやることの矛盾(例えるなら受験生と採点者が同一人物ということ)に彼らは気づいていないみたいです。指摘すると「われわれは自分自身を、自信をもってお勧めできると自負しています」と言い出す始末。

・紹介葬儀社へ顧客の個人情報を伝えて良いとも言っていないのに
「○○センターから紹介いただきました△△葬儀社です。」という書き出しの葬儀社からのメールが一方的に送られてきた。

・ある葬儀社紹介機関からのメールの文章末尾にお客様番号241番と表記されていました。このサイトは3年前にオープンしているとのことなので3年間で利用者が240人くらいしかないということなのでしょうか。確かにあまり頼みたくないHPのデザインでしたけど。

・「全国の葬儀社5000社を厳選しました」HPで謳っている紹介機関もある。
厳選しているわけがないです。1日葬儀社を2社調べていっても7年かかる。スタッフが100人いれば可能ですけど、その葬儀社紹介機関は5,6名くらいです。もちろんどういう方法で調べたかは掲載していません。

・ウェブ制作会社が(おそらく片手間で)運営していると思われる葬儀社紹介機関に多く見られる傾向として、ただ葬儀社名と連絡先が記載されたメールが返ってくるだけというケースも多かった。
なぜその葬儀社を紹介するのかという根拠や、その葬儀社はどんな特徴があるのか等の説明が全くない。
ある葬儀社紹介機関はこのようなメールを全く同じ内容で1週間に4回送りつけてきた。抗議をしようとして電話をしたら、誰も出なかった。

ダメ葬儀社紹介機関に紹介されたダメ葬儀社の事例

ダメ葬儀社を紹介する紹介機関はダメ機関と言えるんですが・・・

・紹介された葬儀社のことを詳しく知りたいと思って、その葬儀社のホームページを検索してみるとホームページを持っていないというケースがいくつかあった。ネットから集客しておいて、ホームページを持っていない葬儀社を紹介するとは、紹介する紹介機関も紹介された葬儀社も、どういうつもりなんでしょうか。

・メールを送っても返事が来ない。
3日遅れで届いたら冒頭で「身内の法事があったので遅れた」という意味不明の言い訳が書いてありました・・・

・深夜にその葬儀社に電話すると寝ぼけた声で出る。または誰も出ない。良く外出するので次回からは携帯に電話してくれと言う。

・手書きの葬儀見積書をスキャニングしたデータで送ってくる(もし葬儀内容の変更を依頼したらまた書き直すのだろうか。エクセルをPDF変換して送るべきだと思うが)

・やたらと重い画像データを添付して送ってくる。最も重いのは写真1枚で約8Mバイトあった。

・最安値の葬儀社に電話して「御社のセールスポイントは?」と聞いたところ、小馬鹿にした口調で「えっ、別に無いですよ」と言う。値段・・・じゃないのですか?
安いだけの葬儀社はダメってことですね。

これで私のレポートはいったん終了なんですが、
時間があれば本当に役に立つ葬儀社の選び方番外編にもおつきあいください。






<2009年04月02日>記載