なぜ葬儀屋は嫌われるのか?
という理由を論じています。

一つ目の理由

義魑群阿魯皀薀襪低い

こうなふうに言われてしまう理由として、
消費者の知識不足をいいことに、
葬儀費用の不透明な価格設定で、消費者をだましている

という消費者側の主張があります。

確かに悲しいかなモラルの低い、
お客さんをだますことを企んでいる葬儀屋はまだいっぱいいます。

ですから、それをもって「葬儀屋なんて」
とおっしゃる方の気持ちはよく分かります。

さて問題はそこからです。
この状況を改善するには?

ここ数年、「だます」行為としては
「振り込め詐欺(オレオレ詐欺)」が有名ですよね。
この振り込み詐欺にあわないためにすることは何でしょうか?
振り込み詐欺をする奴を、非難する?
それでは振り込み詐欺はなくならないですよね?

村上龍氏の著作に「だまされないために私は経済を学んだ」というのがあります。

そう、だまされたくなければ勉強しないといけないのです。

確かにかつては、消費者側に情報が十分に提供されていませんでした。
しかし、今はインターネットの発達で、そこそこの情報が手に入ります。

ではなぜ消費者は日頃から情報を集めて勉強しないのでしょうか?

だって日頃、人が死ぬことなんて考えたくないじゃない

うん、たしかにその気持ちは良く分かります。
私も父が亡くなるまで葬儀の情報を集めませんでした。
参照(父の葬儀の思い出とその周辺の記憶

でもそれっておかしくないですか

だって、そういう人って生命保険には入っていますよね?
(生命保険文化センターの「平成18年度 生命保険に関する全国実態調査」では生命保険の世帯加入率は87.5%)

生命保険には、
自分や家族が死ぬときのことを考えて
入ったのではないですか?
それなのに葬儀のことを考えるのはイヤって矛盾していませんか?

さらに、葬儀が情報の不足している消費者をだましてる商品であるというなら
生命保険も消費者をだましている商品です

生命保険に加入している消費者のうち、一体何割の方が
「健康保険」「医療費控除」「高額療養費制度」
「遺族年金」「純保険料と付加保険料」
の存在を知っているでしょうか?

「ガンの平均治療費は平均300万円かかるんです」
というのは保険勧誘員の方の常套句ですが、
この発言が無知な消費者をだましているということは、
ちょっと調べれば分かることです。
(詳しく説明すると長くなるので、「あなたの「生命保険」払いすぎ!」かんき出版や
生命保険の「罠」 (講談社+α新書) などの本をよんでください)

ちなみに
「純保険料」は、保険料の支払いにあてられる分
「付加保険料」は、保険会社の従業員の給料など保険金以外にあてられる分
です。
最近まで純保険料と付加保険料の比率を、保険業界は公開してませんでした。
最近になって新興ネット保険会社のライフネット生命保険がやっと公開しました。
(参照ページ)
その結果、商品によっては、大手生保の付加保険料は、
ライフネット生命保険の付加保険料の5倍であることが発覚しました。

これって「不透明な価格設定で、消費者をだましている」
ことにはならないんでしょうか?

えー、なんか保険業界批判になっちゃいましたけど(^^;)

それから公営ギャンブルのたぐい、例えば宝くじもそうですよね。
宝くじの当選金として使われるのは、宝くじの総売り上げの半分だけです。
残り半分は、国と銀行が持って行ってしまいます。
ファイナンス理論の期待値の考え方だと、
10,000円払って5,000円の商品を買っているのに等しいのです。
でも宝くじには、多くの方が喜々としてお金を払いますよね。
だまされているなんて言わないです。

保険業界や宝くじは結構大きなマーケットなのですが、
なぜ葬儀業界ほど非難されないのでしょうか?

ちょっときつい言い方をすると
勉強不足を葬儀業界のせいにしては、進歩が無い
と思うのです。

別に私は、絶対勉強しろ!と言っているわけではありません。
勉強する、しないは個人の自由です。
(もちろん生命保険に入るのも宝くじを買うのも)
ただし勉強しなかった為にかかるコスト=ツケ(つまり悪い葬儀屋さんに多額の葬儀費用を請求される)をかぶるリスクは消費者の自己責任で負ってくださいということなんです。
(どこの保険会社のどのプランを購入するかを考えるより、安くて良心的な葬儀社を探す方が、費用対効果は圧倒的に高いですよ。)

何度も言うようですが、葬儀屋さんのモラルのせいにしていては、
いつまでたっても、消費者と葬儀屋さん、どちらにも良い影響はあたえません。

私は消費者の皆さんに葬儀に関する正しい情報を知って欲しいという目的でこのブログを書いています。

なぜなら
悪い葬儀屋さんを市場から追い出す手段は、
消費者が良い葬儀屋さんを選ぶ以外にないから

です。

次回からは、やっかいなことに論理的にではなく、生理的嫌悪の結果、
思考停止にさせてしまう兇鉢靴陵由の話を始めたいと思います。


<2009年04月24日>記載