メディアリテラシーとは
情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のことです。(ウィキペディアより引用)

今回はなんか大げさなタイトルですけど、難しい内容ではありません。

マスコミ


先日お客様から問い合わせがあり、
直葬を考えているけど、お宅と外資系葬儀社のA社ではどちらが安いの?
と聞かれました。
(最近、このようなダイレクトな質問がちらほらあります。
むしろ比較対象がはっきりしているのでこちらとしては答えやすいんですが)

ということで、調べてみました。

A社のサイト見て、電話して。

それで結論として直葬は、私が勤めている葬儀社の方が4割ほど安かったです。
別に+αのサービスも無いようだし。
事前相談に来てもらえるか、試しに聞いてみたら、やんわりと断られました。
「安い仕事」にはあまり力を入れないのかもしれません。
このドライさが外資系?(^^;)

また一般葬に関しては、
高くもないし安くもないという感じです。
「感じ」っていう表現を使ったのは、個別の商品に関する画像などの情報をサイトに掲載していないから、細かくチェックしようがないのです。
金額も一式いくらのセット料金だし。

外資系ということ以外に、普通の国内業者と何が違うのか、私には分かりませんでした。

で、問題はこの外資系葬儀社が、よくマスコミで
「旧態依然とした不透明な価格体系の日本の葬儀業界に黒船!」
と報道されていることなんですよね。
いや別に報道されてもいいんですけど。
いや正直言うとちょっとくやしい(^^;)
(上記のお客さんもマスコミの報道でA社のことを知ったようだし)

国内の葬儀屋はダメだから、外資系だったらイイというように
「外資系」という付加価値?だけでマスコミが取り上げて持ち上げるのは
海外ブランドとのライセンス契約で販売されている国産の服を「舶来もの」とありがたがって買う、のと同じような
思考停止状態だと思うんですけどね。

確かに外資系だからっていう理由だけで、
余計にお金を払ってくれるお客さんがいるなら
商売としてはそれでいいのかもしれませんけど、
なんだかなー。

この話とは別に、数年前マスコミで葬儀業界を変える!と頻繁に取り上げられた、台湾出身の日本人の方がいらっしゃいましたね。
今、何をしてるんでしょうか。
会社起こしたばかりで、何もまだしていない段階で、雑誌に載っていたので(たしかBOSSっていう雑誌だったかな)、なんかヘンだなと思ってました。

情報が不十分な世界では
自分はすばらしいと言っている人をすばらしい人として扱う
のでしょうね。

いや、国内の葬儀業者に問題があるからこうなっているというのは分かるんですけどね。
でも、もうそろそろマスコミも次の段階へ行くべき時ではないでしょうか
と、言いたいところですが、それよりも
消費者がメディアリテラシーを身につける方が、早くて簡単
かな
と私は思っています。


<2009年07月22日>記載