今回はお葬式に参列するときの服装の話ではありません。
参列するときの服装の話は他のサイトでていねいに説明されていますから、
ここでは触れません。
葬儀屋さんの服装についての話です。

葬儀屋さんの服装のレベルってホテルマンに比べると、
コールド負けって感じですね。

最大の原因は
いろんな意味で、だらしのない奴が多いから
っていう身も蓋もない話になるのですが(^^;)

でも最近は制服を導入する葬儀社も増えて大分、
改善されてきました。

ちなみに私、メンズの服飾に関しては、詳しい方だと思います。
以前、ある国内有数のファクトリー(服を作る工場)の
役員のお葬式の担当をしたことがきっかけです。
お葬儀まで日数が空いたので、
会社の方と話すとき最低限の服飾の知識があったほうがよいだろうってことで
勉強を始めました。

まず本屋で今は亡き落合正勝氏の本を買い漁って読むというところから始めて。

で分かったのが、
メンズの場合ファッションセンスがなくてもルールに関する知識
(夏にはリネンやシルクの素材が良いとか、
バランス良く見せるためのサイジングとか)
を集積していけばなんとかなるってことです。

それから自宅で、一人で食事をするときはメンズファッション系の本を
読むようになりました。
これは、写真がメインなので頭を使わなくて良いってことと、
雑誌の構造上、卓上に広げたままにしておきやすいって理由です。
そんなこんなで知識だけが集積されました。

ことわっておきますが、
服飾に詳しいことと、おしゃれなことと、かっこいいことは、
必ずしも同じではないですからね。
私はちょっとだけ服飾に詳しい人です。
かっこいいって言われることは、悲しいかな無いです(>_<)

それからメンズの服装のルールが分かっていると、自分の着こなしだけでなく
納棺の前に故人にお召し物を着せる際、バランスよくお着せすることができます。
シャツの襟の開き具合と、ネクタイの厚みを考えると、
ネクタイの結び方はシングルノットでいいかな、というように。

ネクタイ

「人は見た目が9割」って本がありましたけど、
葬儀屋は見た目10割くらいに思っておいた方がよいです。

まず人は最初の3秒間で、その人が好きかどうかを判断するらしいです。
第一印象が大切といわれる所以(ゆえん)です。

ましてや、葬儀屋さんは、亡くなった大切な肉親の体を出会ってからすぐ預けられて、
数時間後には数百万のお金の話をしなければいけないわけです。

第一印象で「ちゃんとしている人」に見えなければ話になりません。

だから病院に到着したら、車のバックミラーで服装をチェックして、
病院のエレベーター内の鏡で再度チェックします。
そして病室のドアを開けるときはいつも緊張して,背筋を伸ばしてます。
そしてドアを開けたら深々と頭を下げる。

たまに
「外見でなく中身で人を判断しろ!」
という人がいます。
これは一理ありますが、こういうことを言う人の中身は
ダメなことが多いです。
だって初対面の相手に
俺の中身がどんなものか時間と手間をかけて調べろ
と言っているわけですからね。
こんな傲慢な人はダメでしょう。

では次回は少しアイテム別の話をしますね。


<2009年08月21日>記載