今回はダメな本の書評です。



あまり上品でないことは重々承知していますが、この
「死体ばかり見ていた」
という本を書いた著者を「バカ」呼ばわりしたいと思います。
まじめに働く葬儀屋さんはこの著者をバカ呼ばわりしても良いと思います。
もっと汚い言葉で罵ろうと思いましたが、こちらの品性も劣化しそうなのでやめます。

このバカは
「死体が好き」だったため
「葬儀屋さんでバイトすれば死体見れるかも」ということで、
葬儀屋で働いています。

この本の帯はこんな文章で始まります。
『頭半分つぶされてグチャグチャになっている姿見て、「いくらエラぶったって、キレイぶったって、人間誰もがこーなるんだ。バーカ」って思った。』

クズだな

似たような表現が本文中に何度も登場しますが
時間の無駄なので引用しません。
興味のある方は、アマゾンで購入してください。

別に死体愛好者という性癖?に関しては何も言いません。
性癖が問題となるのは、社会との関わりにおいて、
だと私は考えます。
要は被害者を生むかどうかですね。

このバカは葬儀屋という立場を利用して故人を視姦します。
故人がそんな興味の対象になっていることを当然遺族は知りません。
故人がしゃべることができるなら、当然、やめてくれと、言うでしょう。

亡くなっているから、罰する法がないから、
なんて、このバカの行為を正当化する理由になりません。
このバカは故人の尊厳を認めていないのです。
ましてや敬意や畏怖の念を抱くことなどほとんどありません。

ネット上の書評で
「死体に興味を持った女の子が、次第に成長していき・・・」
などと書かれてますが、好意的に読みすぎだと思います。

死について考えた、など書かれていますが、
無理矢理オチをつけるために、殊勝なことを書いただけでしょう。

もちろん世間が、この本を読んで
葬儀屋ってこんなに変質者なんだ
と判断するとは思いません。

でも
このバカのせいで・・・
っていう憤(いきどお)りは私の中に強くあります。

しかし今回、彼女の批判がメインではないのです。

こんなバカは犯罪者と一緒で、社会に一定数存在してしまう。

問題はこのバカの本をわざわざ世に出した出版社です。

その出版社の名前は
「廣済堂出版」
と言います。
(2008年に廣済堂あかつき株式会社に社名変更)

都内の葬儀屋さんならピンと来たはず。

廣済堂ホームページを見てもらえば分かるとおり
親会社の廣済堂は表向きは出版社でありながら
都内で6箇所の火葬場を運営しています。
23区内には公営火葬場が2箇所しか無いため、業界紙のデータによると、
この火葬場を運営している子会社は葬儀業界で最も高い利益を上げている企業です。
出版不況といわれる昨今、
この火葬場が廣済堂の経営の重要な部分を占めているのです。

そんな会社がこの本を出すというのはちょっと神経を疑います。

なぜ?

上場企業なんですから、
株主たちに突っ込まれるリスクも考えるべきだと思うんですが。
どういう考えかは知りませんが、軽率ではないでしょうか?

猛省してください。


<2009年08月29日>記載