前回まで事前相談の具体的な手法について述べました。
今回から私の経験した事前相談の実例を挙げていきたいと思います。

数年ほど前に福岡市内の葬儀社を訪問して回ったことがあります。
福岡市や北九州市は日本でもっとも人口比で葬儀式場の多い地域です。
近年の大手互助会の参入で明らかに式場は飽和状態に有ります。
そんな激戦区を見てみたいと思って足を運びました。

旅人3

モデルケースの一つ目として福岡市内のS社を取り上げたいと思います。
このS社は福岡市を地盤としており、市内に式場をいくつか持っています。
大手互助会が参入するまではトップクラスだったようです。
福岡市内では、競合する葬儀社の式場が、道路を挟んで向かい合って営業している光景を良く見ました。
この葬儀社も道を挟んで反対側に、後発の大手互助会が式場を建てています。

福岡市の消費者側としては、近所にあるから選ぶというだけでなく、
嫌でも厳密に葬儀社を選別するという作業が必要になってくるのではないでしょうか。

まず玄関を入ると初老の女性の方がいました。
「事前相談にお伺いしたのですが」
と告げると
「あちらを右に曲がってつきあたりまで進むと事務所です。」
と言われました。

案内はしてくれないようです。

5分ほど待っても誰も現れないので帰ろうかと思った時、また別の初老の女性が現れました。
同じ様に「事前相談にお伺いしたのですが」と告げると
奥の部屋に通されて
「少しお待ち下さい」と言われます。
そこからさらに10分待たされました。

10分は「少し」なのでしょうか。

やっと60歳くらいの男性が現れました。
この時点で社員レベルの想像はついていたのですが案の定、
お前はミラノ出身か(^^;)
と言いたくなるような派手なネクタイをしています。
おまけにネクタイを緩め、シャツの一番上のボタンを外しています。

ミラノ出身の可能性もゼロではないと思いますが
職業上、ふさわしい格好とは言えません。
このように第一印象は良くないのですが、ここではひとまず私の主観は横に置いておきましょう。
(顧客の側から見て担当者の第一印象で選ぶのは悪い事ではありません。
むしろ正しい事です。
私の経験でも葬儀屋さんの第一印象と、その人の最終的な能力の評価が大きく異なる事はありません。)

無宗教葬をしたいと告げると、一応の菩提寺と墓の事は尋ねられます。
(参照ページ事前相談力 4/9
進行についても最低限のこと(黙祷・弔辞・献花)は答えてくれます。
祭壇のサンプルが画像を見たいと言うと、
「ありません」
と言われました。

うーん(-_-)

女性社員が担当する事はありますか?と聞くと
「当社には女性の担当者がいない」
と言われました。

そうでしょうねぇ(-_-)

霊安室が見たいというと
「式場の控室に安置するので霊安室は無い」
と言われました。

費用の見積り例が欲しいと言うと、
手元の便箋に霊柩車はいくらと、書き出し始めました。

なにか印刷されたサンプルはないのかと尋ねると、
「ありません」
といいます。

お陰で30分ほど時間をかけて見積もり作成につきあわされました(>_<)

おまけに自分で書き込んだ金額が見づらかったらしく、電卓で合計金額を算出するのに、5分ほど待たされました。
金額も特にコメントするようなところはありません。

最後に
「御社のアピールポイントは?」と聞くと
「見積書に書かれている以外の物は請求しません」と言いました。

当たり前じゃん(^^;)

つまりアピールポイントは無いということでしょう。

帰り際にその担当者の名刺を貰っていない事に気づきましたが、
「もう十分」と判断し、こちらから要求する事はしませんでした。

多分ここは10年後に無くなっているのではないでしょうか。


<2009年10月01日>記載