考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

カテゴリ:葬儀論

以前こんなコメントをいただきました。いつも拝見しております。ありがとうございます。葬儀ブローカーが乱立しているように、僧侶プロダクションも履いて捨てるほどあります。これらについての、考える葬儀屋さんの卓見を発信していただければと願っております。僧侶プロダ ...

葬儀担当者が「酔う」ことの危険性についてです。先日長い間お世話になった同僚が退職するということで彼へのプレゼントを買いに出かけました。同僚は60歳の男性です。付き合いはもうかれこれ15年くらいでしょうか。どれにしようかとずいぶん悩みつつ結論が出ないままにまず ...

前回(葬儀の新商品開発が難しい理由  1/2)より葬儀の新商品について考えています。葬儀というのは数十年のスパンで見ると結構変化しているのですが 急進的な変化というのはなかなか起こりません。 そのため新商品というのは消費者より1歩先に進んでしまうと受入れら ...

上場している神奈川の互助会さんが超高級骨壺の販売を始めました。  新着情報一覧|プレミアム骨壷【公式】  金額は350,000円〜1,200,000円(税別)までオーダーメイドもあるようです。制作はあの大倉陶園 。陶器に疎(うと)い私でも知っているということは恐らく有名 ...

仏壇とは、故人との対話デバイスである、と私は思っています。仏壇を通してあちらに行った人と話すことができる、というのが仏壇の機能ではないでしょうか。そして仏壇の機能が故人との対話デバイスであるならばその機能をVR(バーチャルリアリティ)技術によって代替させる ...

今回ご紹介するのはこの本。日本宗教史日本宗教史 (岩波新書) 末木 文美士 岩波書店 2006-04-20 売り上げランキング : 42320Amazonで最安値を探すKindleで最安値を探す楽天ブックスで最安値を探す by ヨメレ ...

今回は厳しめの意見を。主旨は消費者の人に対してもっとがんばってほしい、というエールです。念のため。先日 国民生活センター(消費生活センター)発葬儀トラブルのプレスリリースは情報操作の疑い有りという記事を掲載しました。そこで取り上げた国民生活センター(消費 ...

日本の仏教は正しいのか 1/2からの続きです。さて日本の仏教ってちょっと特殊ですよね。いわゆるミクスチャー宗教。日本教と言ってもいいかもしれない。この経緯を振り返ってみると・・・ インドで生まれた仏教は中国に伝わった段階で儒教と混じり始めます。儒教には倫 ...

今回は日本の仏教は正しいのか、という議論をしたいと思います。私のいう「正しさ」を別の言い方に代えると(日本の仏教って)「信じていいの?」ってことだと思うんですけど。そもそもこの議論が難しいのはまずいわゆる神学論争になってしまうという問題があります。同じ宗 ...

橘玲氏のブログ記事を読んで思ったことを。自分勝手な日本人と協調的なアメリカ人この記事では社会心理学者の山岸俊男氏の著作を紹介しています。山岸氏の主張は日本人はアメリカ人よりもずっと個人主義的で一匹狼的だというものです。たしかに日本人が一見集団的なのは村社 ...

↑このページのトップヘ