考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

カテゴリ:葬儀屋(新人向け)の内容

前回の記事、あなたは遺族や参列者の前で身をさらすにふさわしい葬儀屋さんですか?から葬儀屋さんの正しい立ち居振る舞いについて語っています。正しい姿勢の原理はとても簡単です。壁に背中とぴたっと付けてみてください。背骨は湾曲してるので実際にはお尻と肩甲骨と後頭 ...

葬儀は演劇的です。非日常的な空間で、決まった枠組みの流れの中で、参加者がその役割を担うという点において。役者は観客の前で正しく身をさらすことを前提に、舞台に立つ資格を得ます。感動葬儀などと叫んで葬儀屋さんがスポットライトの下に行きたがるのは論外ですが、舞 ...

今春葬儀業界に就職された皆さん、いかがお過ごしでしょうか。今頃現場でとまどいながらも毎日必死にがんばっていることと思います。私がこの時期新人の伸びる伸びないを判断する方法は「ブラインドタッチ(手元を見ないでキーボードを打つこと)をマスターするかどうか」で ...

先日靴の話をしたので今日は「葬儀屋さんが葬儀の現場で着るシャツ」の話を。○仕事柄シャツは当然白。○襟はレギュラーカラー。○ノーアイロンタイプ(通夜終わって帰る頃にはクリーニング屋さんは閉っているので受け取れない。よって自宅洗いができるもの。さらに帰ってき ...

これまで日本の葬儀屋さんはドメスティック(国内)な活動領域しかありませんでしたが今後はグローバルな活動も視野に入ってくるかもと言う話。以前アジア最大の葬儀社ニルヴァーナ社に関する記事を書きました。(参考記事:アジア最大手の葬儀サービス会社について)先日ニ ...

4月にこの業界に飛び込んできた新人さんはそろそろ最初の壁にぶち当たっている頃かもしれません。以前葬儀業界新人の皆さんへ、困った先輩の対処法をお教えします。という記事を書きましたがその続きです。ある先輩が影で「今度入った新人の○○ってちょっと使えないよね」な ...

今回は仕事の忙しい葬儀屋さんが恋愛できないことによるメリットを私が語ろうと思う。(過去恋愛について書いた記事にはロクなのがないことを事前に断っておく)私事で恐縮だがこの業界に入ってずっと異性と縁のない生活を送っていた。多分修行僧よりも修行僧らしい生活。だ ...

葬儀屋さんのバイブル(といっても仏教に関する記述が一番多いので教典と言うべきか、ってどっちでもいいですね。すいません。)と言われる「葬儀概論」を出版している表現文化社さんから「解題 葬儀概論」が出版されました。http://www.sousai-director.jp/download/chumon ...

人間学を学ぶ、がコンセプトの雑誌「致知」の2015年1月号に靴職人山口千尋氏のインタビューが掲載されていました。まだ彼のショップが台東区にしかないとき、一度訪れたことがあります。サンプルの履き心地は凄く良かったのですが当時人気急上昇中だったこともあり納品まで半 ...

さて4月です。このブログを続けていて一番うれしいのはこのブログを読んでいた人から葬儀業界に就職しました、という報告をもらったときです。モニター見ながら思わず笑顔がこぼれます。では、さっそく先輩面して一言。新しい生活を始めたばかりの方へ早速こういうことを言 ...

↑このページのトップヘ