考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

タグ:収入

このブログは葬儀業界の新人さんにも読んでいただいているようです。志のある方からメッセージをいただくこともあり、うれしいです。今回は葬儀コンサルタントさんが書かれているブログの記事にからんでみました・・・って、たちの悪い酔っぱらいみたいですね(^^;)私は葬祭業 ...

このページ(葬儀費用の未来を予測する)のように葬儀費用が低価格化すると葬儀屋の給料がどうなっていくか?ということを予測してみます。現在葬儀屋さんの労働時間は限界に近く、月間平均300時間ほどだと思います。この労働時間が将来変わることはないでしょう。なぜなら毎 ...

今回は葬儀屋の時給の話をしてみたいと思います。以前葬儀屋の給料について述べました。http://funeralservice.livedoor.biz/archives/673731.html上記のページのデータでは平均40才で600万円くらいでしょうか?では時給に換算してみましょう。男性社員の場合、当直を含めて ...

今回は葬儀は高いという問題と葬儀屋は嫌われるという問題を二つの観点から問題を掘り下げてみます。Ⅰ 人件費の問題葬儀屋の勤務実態が5K(きつい・汚い・危険・帰れない・休暇取れない)なのはこのブログをお読みいただければ分かると思います。もう一つのK(けがれ) ...

前回(葬儀屋の給料について 1/2)の続きです。葬儀屋の給料って実力を反映してます。なぜなら葬儀屋の人件費には市場原理(=競争原理)が働いているからです。消費者が葬儀社を選ぶ際には、情報格差のため市場原理はなかなか働きません。ダメな葬儀社でも消費者に選ば ...

葬儀屋っていくらもらってんの?というお話です。以前、自分の給料の話をちょこっとしました。で葬儀業界全体の給料の話をしようと書いていたんですが・・・先日こんな記事を見つけました。「おくりびとの平均年収はいくら。葬儀業界の収益構造と給料の実態。」葬儀屋の給料 ...

自分の給料とお金に対する考え方の話です。高校時代の同級生だった友人に以前、こんなことを聞かれました。「(葬儀屋やってんだから)ベンツか何かに乗ってんの?」乗ってません、というか普通の車も持ってません、というか買えません(T_T)今住んでいるところは2DK ...

↑このページのトップヘ